利用者の体験談

糖尿病、フコイダンを飲んで血糖値が下がった。

私か2型の糖尿病と診断されたのは40代の後半の頃で、一時は血糖値が280ほどもありました。

ヘモグロビンのHbAlcも10を超していて、立っているのもつらいほどでした。

自覚症状は喉の渇きと倦怠感で、ひょっとしてと思って病院で受診したところヽ糖尿病がわかったのです。

糖尿病は遺伝的な要素が強い病気でしょう。

父や叔父が同じ2型の糖尿病だったものですから、異常を感じたとき、すぐに糖尿病を疑いました。

若いときから食事に気をつけて、糖尿病にだけはならないように注意していたんですが、やっぱりダメでした。

幸いにしてインシュリンを打つまでの状態ではなかったので、食事療法と処方薬を服用していましたが、糖尿病は充進性の病気ですから、いつかはインシュリンを打つようになって、最後は人工透析をしてと、悪い想像しか浮かんできません。

すっかり落ち込んでしまいました。

今年の4月に、主人がフコイダンを知り合いから分けてもらいまして、「飲んでみろ」といいます。

フコイダンはテレビの情報番組でやっていましたので、「それって、ガンに効くっていう健康食品でしょう」というと、糖代謝にも効果があるといいます。それに、ミネラル補給とミネラルーバランスの調整にもいいらしい」つてね。

そこでフコイダン、ミネラルのことを調べてみたら、なるほどって納得できる話ばかりです。

フコイダンを飲むようになって、すぐに変化を感じました。

体が軽いのです。

それまでは階段の昇り降りでフウフウいっていたのに、そんなこともない。

それに、食事もね。

ちょっと糖分の多いもの、あるいはカロリーの高いものを食べると決まって体調を崩していたのに、次の日になってもケロッとしているのです。

主人に、「これ、ひょっとしてすごいものかもよ」つていいました。

病院へ定期的に通って検査を受けているのですが、いつもは気が重かったのです。

また数値が悪くなっていたらどうしようと思うのに、フコイダンを飲み始めてからは楽しみになりました。

飲み出してから1ヵ月ほどして病院に行ったところ、血糖値が130に、HbAlcも6.2にまで下がっていたのです。

それだけじゃなくって善玉コレステロールのHDLの数値が上がって、中性脂肪値のトリグリセリドまで下がっていました。

「どうりで娘時代みたいに体が軽いはずだわ」といったら主人が笑っていました。

たぶん、フコイダンに含まれるフコイダンやミネラルが作用しているのでしょうけど、予想を超える効果でした。

薬じゃないですから常備薬とはいわないでしょうけど、完全に手放せなくなりました。

-利用者の体験談