女性の癌

子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌など、原因・症状・進行・治療法のまとめ

女性が心配な子宮癌

女性のからだにできる悪性腫瘍(しゅよう)で、最も代表的なのが子宮癌です、子宮の粘膜面に発生するもので、ほとんどの場合が子宮に原発性の腫瘍です。

悪性腫瘍の中でも最も頻度が高く、子宮筋腫とならんで女性性器の二大腫瘍の1つです。

子宮癌は発生する部位によって、症状や進行の程度についても、いろいろと違った特徴を持っています。

子宮癌の中でいちばん多い子宮頚癌

一般に子宮癌と言う時には、子宮頸癌のことを意味しています。

子宮癌の本当の理由はまだはっきり分かっていません。

しかし、細胞に癌性の変化を起こすなにかの誘因があるのではないかと、いろいろの方面から研究されています。

はっきりと決定的なことが言えないまでも、遺伝的素質や出産、ストレスによる免疫力の低下、包茎の夫との性生活、また、子宮膣部びらんや、慢性の子宮頸管炎のある人に発生しやすい傾向があります。

なんとか予防をしたいとは、誰もが願うことですが、癌細胞の発生を予防する手段は、現在のところ残念ながらまだ研究の途上にあります。

しかし、子宮癌の場合、早期に子宮を取ってしまえばその後に何らの問題はないのですから、早期発見が決め手になります。

子宮癌の診断・検査

何の症状がなくても、特に更年期になったら、子宮癌の定期検診を受けてください。

子宮癌の検診は通常、パニコロー・テスト(パップーテスト)と言われるものです。

子宮口や、膣の粘膜を綿棒でちょこっとこすりとって、ガラス板に塗り、それに専門的な処理をほどこして、癌細胞の有無を調べるのです。

いちばん初期の癌を発見する方法として、最も重要な第一段階の検査です。

細胞診によって異常細胞が発見された場合は、コルポスコープという機械で、子宮口の組織を拡大して、肉眼的に調べてみます。

そして、疑わしい場所から、そこの組織を一部切り取って検査をします。組織診(バイオプシー)と言われる検査です。

この検査によって、異常な場所が確実に癌であるかどうか、どんな種類の癌であるかを正確に診断することができます。

しかし、時には細胞診によって異常細胞が出ないような場合があります。

このような時には、子宮頚部を円錐状にくり抜くように切除して、その組織を全部調べてみる方法をとることもあります。

子宮癌に関しては、早期発見が完治につながり、しかも非常に簡単な検査で早期発見することができますから、子宮癌で手遅れになるほど、残念なことはないのです。

子宮頚癌

子宮炯眼は、女性に発生する癌のおよそ3分の1は、この子宮頸癌です。

子宮癌の中でいちばん多い癌です。

子宮頚癌の原因は、現在の段階では明確に解明されておりません。

データでは、お産の回数が多い人ほど、発生率が高い結果になっています。

それは、分娩の時に子宮頸管部がいたんでしまうことによって、子宮膣部びらんや、慢性の子宮頸管炎になりやすいことに、関係があるのではないかと考えられています。

また、ユダヤ人女性には子宮頸癌がほとんど見られないことから、包茎の人の包皮内にある一種の垢であるスメグマが、発癌の誘因になるのではないか、とも考えられています。
(ユダヤ人の習慣として男児が生まれるとすぐ、割礼といって陰茎の包皮を切りとってしまうので、包茎の男性は1人もいない)。

癌は進行するにしたがって、当然子宮の周囲の臓器にも広かっていきますが、隣り合った臓器を次々におかしていく場合と、遠くにある臓器に移転する場合があります。

リンパ管を通って移っていくのか、別の臓器に新たに原発するのか、いろいろの説があり、なんとも断言はできません。

子宮頚癌の進行

転移の進行の度合いの基準を、医学的に次のように5段階に分けています。

第0期
上皮内癌。これは最も初期の状態で、癌細胞は上皮層の中だけにとどまっており、深層へはまだ浸潤していません。

第1期
初期浸潤癌。上皮の下の層まで浸潤してきた状態ですが、まだ子宮頚部だけにかぎられています。

第2期
癌が膣に及んでいるもの。しかし、まだ腔の上方3分の2ぐらいのところまでで、骨盤壁や膣の下部にはまだ達していません。

第3期
癌が骨盤結合組織にまで達するか、腔の下3分の1にまで浸潤した場合。

第4期
癌が直腸や膀胱にまで侵入し、場合によっては、骨盤の外にまで広がってきたもので、癌が最も進んだ状態です。

子宮頸癌の症状

症状としては、上記の第0期のようなごく初期ではまったく無症状ですし、診察しても目で見ることはできません。

癌がだんだん進んでくるにしたがって、いろいろな症状が出てきます。

異常出血が多くなってきたり、異様なにおいがしたりするなどのひどい症状が出てきた時には、癌も大分進んだ状態で、そんな症状が出てからではもう手遅れです。

第1期から第2期頃までは、性交のあとで、ちょっと出血をするとか、おりものがやや多くなってきたという程度で、そのほかはほとんど無症状です。

第3期以降になると、性交後に出血を見るだけでなく、かたい便をいきんで出した時とか、長時間自転車に乗ったり、激しい運動をしたりしたあとでも出血を見るようになります。

そのうち水っぽいおりものが多くなってきますが、末期になると、血液がまじって肉汁のようになってきて、ひどい悪臭を放つようになってきます。

癌が骨盤底にまで進むと、神経を刺激するようになって腰痛が起こってきます。

ひどくなってくると、坐骨神経痛のような痛みに絶えず悩まされるようになります。

直腸や膀胱にまで及んでくると、いつも尿が出そうな気持ちがしたり、時には尿がたまっても出しにくくなったりします。膀胱の内膜まで進んでくると血尿が出るようにもなります。

便も下痢便になったり、粘液便になったりします。

尿管が圧迫されるようになると、尿が膀胱にまで落ちてこなくなるために尿管がふくれて、尿管水腫になり、ついには尿毒症にまで進んでしまいます。

血管も圧迫されるために、外陰部や足にむくみも出てくるようになってきます。

子宮頸癌の治療

子宮頸癌は「早期発見で100%助かる」癌なのです。

治療としては、癌そのものの原因がはっきりしない現在の段階でも、放射線療法や、抗癌剤の進歩によって、助かるようになってきてます。

転移をしていない第0期では、手術で子宮を全摘出するだけで、100%助かります。

第1期から第2期にかけての子宮癌では、周囲への転移がまだそれほどでもないので、広汎性の子宮全摘出をすることによって、癌を完全に取り除くことができます。

広汎というのは、子宮の周囲のリンパ節なども全部きれいに取り去ることです。

さらに、取ったリンパ節を調べ、少しでも癌細胞が見られた時には、手術後に放射線療法とか抗癌剤を使用することがあります。

第3期、第4期にまで進んでしまった癌に対しては、もう手術の範囲を超えるもので、放射線療法と抗癌剤に期待するしかありません。

子宮体癌

子宮体部に原発する癌です。

悪性度は子宮頸癌よりも軽く、移転も起こりにくいのですが、子宮頸癌のように発見が容易ではありません。

癌の進行度が遅いので症状が出てから手術をしても、手遅れになることが少ないのです。

好発年齢は、50歳以後に多く、60歳代になって発生する場合もあります。

40歳より若い人にはほとんど見られません。

子宮体癌の原因と診断・検査

子宮体癌は、妊娠、分娩の経験のない女性や、未婚の女性に多く発生する傾向にあります。

子宮体癌は、かなり高齢まで発生するものですから、平均寿命が延び、いつまでも若々しい女性が多くなってきている現在では、子宮体癌が次第に多くなってきています。

こんな年寄りに、婦人科など縁がないなどと考えないで、何歳になってもやはり定期検診は、たいへん重要なことなのです。

子宮体癌の症状

最初にみられる、最も重要な症状は、不正子宮出血です。

性交のあとでもなく、何の動機もないのに少しずつ出血が続くような時には、要注意で、早速検査を受けたほうがよいのです。

この症状は、月経が不順になる更年期や、完全に月経が止まってしまっている老年期に見られるので、いったん止まった月経がまた始まったのかも知れないと勘違いをして、そのままにしておいたため、手遅れになることが往々にしてあるのです。

子宮体癌の治療

治療としては、子宮頸癌と同じように、その進行の程度によって方針は変わってきますが、子宮体癌の場合は、高年齢に好んで発生するので、全身状態やほかにすでにかかっている病気によって方針は左右されます。

しかし、基本的には手術が可能なからだの状態であるかぎり、手術で子宮を全部摘出するのが一番良い方法です。

同時に放射線治療や抗癌剤も使用される場合があります。

子宮体癌の場合も、治療後の生存率はかなり高いもので、早期発見、早期治療では、生存率は第1期では80%、第3期でも40%と言われるほどです。

しかし、発見が遅れて末期になってしまった場合は絶望的です。

卵巣癌

卵巣の腫瘍は、いちばん種類が多く、いちばん頻度が高く、しかも腫瘍の性質が非常に複雑であるのが特徴です。

そして、良性に属する腫瘍と悪性に属する腫瘍があり、悪性の腫瘍が占める率が非常に高く、その代表が卵巣癌です。

発見されにくいこともあって、卵巣癌はどの臓器の癌よりも悪性度が強く、その死亡率は非常に高くなっています。

卵巣癌は見つけにくい癌なので、腫瘍が見つかったら手術をすることを推奨いたします。

卵巣癌の原因

続発性卵巣癌は偽ムチン嚢腫やか皮様嚢腫などが2次的に悪性変化を起こしたもので、最も多いのです。

移転卵巣癌は、ほかの臓器癌からの転移によるもので、クルーケンベルグ腫瘍(胃癌からの転移、隣接臓器からの転移によるもの)です。

どのような理由によるか分からないのですが、女性の性器の中で転移の最も多いのが卵巣なのです。

その原発巣として最も多いのは、胃癌がいちばんで、次に乳癌、腸癌の順になっています。

卵巣癌の症状

気がつかないままに腹水がたまってきて、大量になるとお腹がだぶだぶになるほどふくれてきます。

腫瘍が大きくなってきますと、排便や排尿が次第に困難になってくるし、足にむくみが出てくるようになります。

卵巣癌の診断・検査

卵巣腫瘍があるかないかということは、診察によって容易に判断がつくのですが、
それが悪性の癌であるかどうかということは、手術前に確実に判断することはエコーとかMRIでも困難な場合もあるので、手術して初めて悪性のものと分かり、手遅れになってしまうことがあるのも、死亡率が高くなってしまう原因のひとつです。

現在は血液により、卵巣癌の腫瘍マーカーを測定して、
ある程度のメドをつけることもできるようになっておりますが、やはり卵巣に腫瘍があると診断を受けた時は、長期間放置することなく、手術を受けるほうが賢明と言えるでしょう。

-女性の癌