女性の癌

子宮癌になりやすい、子宮膣部びらんの基礎知識と原因・症状・治療法のまとめ

子宮癌の検診や、人間ドックが普及しているので、「びらん」ということばは、ほとんどの人が耳にしたことがあるでしょう。

ひとことで、わかりやすく申し上げますと「びらん」とは「ただれていること」です。

子宮膣部びらんに要注意

たとえば、「びらんがあるので半年に1回は子宮癌の検診をしたほうがよいでしょう」とか、「おりものが多いのは、びらんがあるからです」といった具合に、婦人科の検診を受けると、たいていの場合、びらんということばが出てくるものです。

そして、 一般的には、びらんがあると子宮癌になりやすい、というふうに認識されており、「びらんがありますね」と言えば、「子宮癌は大丈夫でしょうか」との質問が、すぐに返ってくるほどです。

それほどよく知られているびらんでも、子宮膣部という、膣の奥深くのいちばん突き当たりにある部分にできるものですから、実際に、自分の目で見て確かめることはできません。

したがって、たいへんなびらんがあると言われても、手足の傷や、やけどのただれの症状を目で見て驚くほどにはピンとこないようです。

実際に自分の目で見ることができたとすると、誰でも気持ちが悪くなるようなただれの状態・症状となっています。

びらんは、子宮膣部の扁平上皮がすっかりはがれてしまって、粘膜下の組織がまるだじになっている真性びらんと、粘膜下の組織が円柱上皮の薄い膜でおおわれている仮性びらんの、2種類の症状があります。

びらんと言われるものの大部分は、仮性びらんに属するものです。

原因は、先天性のものと後天性のものがあります。

後天性の原因は妊娠、分娩などによって頸管が傷んで、頸管の円柱上皮が子宮膣部にまで露出するようになった場合、子宮頚部が肥大したために、子宮頸粘膜が下垂してきて外にあらわれている場合などに起こります。

自覚症状の特徴は、いつでも分泌物が多くて、ねっとりしたおりものが多く出ています。

そのおりものに雑菌が感染した時には、びらん面の炎症が強くなって、さらにおりものが増加して、増加したおりものによって、いっそうびらんがひどくなるといった悪循環がみられることもあります。

子宮腔部びらんは子宮癌になりやすい

子宮腔部のびらん面は、綿でふいても出血するくらいですから、性交による刺激で出血することもあります。

いきんだ時や、時には、特別なきっかけがなくても、ときどきおりものに血がまざることがあるのも、このびらん面からのことが多いのです。

しかし、びらんを持っていても、無症状で過ごす人がほとんどで、検診の時などに言われて初めて知るくらいです。

成人女性では、びらん面の広さの程度が違っても、90%ぐらいの人にびらんがみられます。

症状があるにしろないにしろ、これだけ多くの女性が、子宮腔部びらんを持っているのです。

さらに悪いことには、この子宮腔部は子宮癌の好発部位なのです。

このことからびらんと子宮癌の発生の間には、何らかの関係があるのではないかと考えられるのです。

子宮癌の初期では、肉眼的には、びらんとほとんど区別ができませんので、婦人科医はびらんを見つけると、子宮癌の検査をするのです。

また、定期的な癌の検診が非常に大切な意義を持っているのです。

びらんの程度によっては、1年に2回ぐらいは検診を受けるほうがよいでしょう。

そうすれば、ごく初期の子宮癌でも、手遅れにならずに発見することができるからです。

子宮腔部びらんの治療

びらんがあるとおりものが多くなり、細菌が感染しやすいために、炎症が強くなります。

したがって、びらんそのものの治療は別としても、腔の洗浄や、抗生物質の腔錠を使うことによって、炎症を取ることができます。

炎症がなくなっただけでも症状は軽くなります。

しかし、びらんそのものは、薬によってはなかなか治るものではありません。

電気焼灼とかレーザーでびらん面をきれいに焼き取ってしまって、そのあとに健康な上皮が形成されるのを待つ方法があります。

また、外科的に、びらん面を切り取ってしまう、円錐切除をすればびらんを徹底的に取ってしまうこともできます。

-女性の癌