癌と生活習慣・治療

癌(ガン)の3大療法と健康食品

am100_fa013_r

限界がある癌(ガン)の3大療法

ガンに対して、現代医学は外科、放射線、化学の、いわゆる3大療法で対処しています。

外科療法とはいうまでもなく手術によって腫瘍を摘出する方法で、転移が見られない場合は完治が望めます。

最近では口腔から、あるいは肛門から内視鏡を利用した手術もさかんに行われるようになり、術後の後遺症の軽減やQOL(クオリティーオブーライフ=生活の質)の低下防止を期待できるようになりました。

また、乳ガンは、ひと昔前までは乳房だけでなく、胸の筋肉までを取り除く拡大手術(ハルステッド手術)が主流でしたが、近年になって乳房温存術が増加傾向にあります。

ただ、前述のように、外科療法は原発として留まっているガンのみに有効であり、転移がある場合の根本療法とはなり得ません。

いくら再建手術を行ったとしても、体に傷を残すことになりますし、それが顔や頚部など、人目に触れる部分での手術であればQOLの低下は防ぎようがないのです。

次に放射線療法ですが、これも外科手術と同様に、大きくなった腫瘍をX線やコバルトなどの放射線で殺してしまう療法となります。

手術ができない場合や手術後の再発予防のために多く使用され、とくに舌ガンでは代表的な療法といえるでしょう。

ただ、これも照射範囲と照射量を的確にしなければ、周囲の組織を破壊してしまうこともありますごまた、重篤な副作用や後遺症が発現することがあるほか、遠隔転移がある場合には完治には至りません。

最後の化学療法が、いわゆる抗ガン剤の投与で、よく知られているようにさまざまな副作用を引き起こすものです。

もともと抗ガン剤はマスタードガスという毒ガスの研究過程で発見された物質で、さかんに細胞分裂を繰り返すガン細胞を標的に攻撃するという性格を持っています。

手術できないガンや術後、転移の可能性があるガンなど、抗ガン剤を投与すれば血流に乗ってこれを攻撃することができますが、もともとが毒ガスとして開発された物質であるため、正常細胞にも少なからずダメージを与えてしまうのです。

とくに小腸の上皮細胞や骨髄細胞、毛母細胞などは、ガン細胞のようにしきりに分裂を繰り返しています。

そのため、抗ガン剤がこれらをガン細胞と誤って攻撃してしまうために、下痢や嘔吐のほか、脱毛、白血球・血小板などの減少、肝機能や腎機能障害を引き起こしてしまうのです。

最近ではこれらの副作用を軽減させる薬品も登場してきましたが、その薬品群が新たな副作用を引き起こすこともあり、根本的な解決には至っていません。

以上が3大療法のあらましですが、臨床現場ではケースに応じて単独で、さらには複合して用いられています。

ただ、これらの療法にしても使用する医師や病院の方針い施設の質や有無などによって、大きな差異が発生しているのです。

アンケートによると、医師1人あたりの手術件数も調査していますが、最大で32倍もの較差があったほかヽ「設置が望ましい」とされている集中治療室がない病院や、放射線治療施設がない病院もあったということです。

このことは、病院や医師のクオリティに大きな差があることを物語っています。

そのため、入院したり治療を受ける病院の施設によって、あるいは担当医の力量や考え方によって、実際のガン治療は大きく左右されてしまうのです。

癌(ガン)と健康食品

健康食品のメリット、デメリットについても考えてみることにしましょう。

ガンに効くとされるアガリクスやメシマコブ、あるいはサメ軟骨などを飲用してガンが治った話はいたるところで耳にします。

また、そうした関連の書籍も数多く刊行されていますが、現代医学ではこれを真っ向から否定しています。

その意見の多くが「医学的根拠がない」というもので、「マウスやラットを使用した実験は信用に値しない」「人に対して有効とは判断できない」というスタンスを取っているのです。

事実、健康食品市場には粗悪品が数多く出回り、そのことで有用な健康食品の評判を既めていることも事実です。

悪質な健康食品が出回れば、良質な健康食品までも巻き込んで評価を下げてしまうことは、これまでも頻繁に見られました。

誰かが「ガンに効く」といっても、どのガンにどれだけの効果があったのか、またその効果はどの成分によるものなのかをしっかりと聞く必要性があります。

そして、その健康食品に対してもいわれたことを鵜呑みにせず、善意の第三者に「○○という健康食品がガンに効くと教えられたが、本当だろうか」と聞くことも必要だと思われます。

医師はおおむね健康食品に対して批判的ですが、健康食品に詳しい友人・知人に聞いたり、本で調べたり、インターネットで検索するなどして、さまざまな情報を入手することが必要です。

こうしたことも、これからのガン治療には必須となってくるのではないでしょうか。

事実、調査によると、ガン患者の約45%が代替療法を利用しており、うち約9割の人が何らかの健康食品を飲用していると回答しています。

確かに、こうしたことは医師にとっては不快なことでしょう。

自分が下した診断や療法を否定された気分になるに違いありません。

しかし、医師が「余命3ヵ月」と診断したガン患者が延命したり、ガンが小さくなったり、ガンが消えてしまったりすることも事実として存在します。

もちろん、すべてにおいて、そうした奇跡が起こり得なくても、ある種の健康食品が何らかの効果をガン患者にもたらすことは実際に起きていることなのです。

アメリカのテキサス州・ヒューストンにあるMDアンダーソン病院では、5年ほど前からガンの代替医療センターを開設し、漢方薬やハーブなどによる代替療法を採用しています。

日本でもそうした動きは活発化しつつありますが、依然として臨床現場では健康食品は異端であり、うさんくさいものとして見られているのです。

そうした状況を変えていくためにも患者自身が有用な健康食品を見極め、確かな選択をすることが求められているのではないでしょうか。

総合的に癌(ガン)と戦う

現代医学の大きな落とし穴になっているのが、その特異な専門性であるといわれています。

総合病院を受診するとよくわかるのですが、消化器の医師は消化器の疾病しか診ようとはしませんし、循環器や脳外科、婦人科、眼科など、細分化された診療科目が並んでいます。

ガンは、これまでも述べてきたように転移・浸潤する疾病です。

乳ガン患者が、肝臓ガンになり、脳に転移して脳腫瘍となる。

そうなると、総合病院内でたらい回しにされる状態になってしまうのです。

3大療法のみを患者に押し付けるだけの病院では、不安感がつきまといます。

かといって、むやみに健康食品を信奉し、素人判断でガンを治してしまおうとするのも危険です。

主治医に対して自分かどのような健康食品を飲用しているのかを打ち明け、相談するべきでしょう。

また、健康食品についても発売元の説明を鵜呑みにせずに、広く情報を求めてその真贋を確かめることも必要です。

誰しも手術を受けることなく、放射線を照射されることなく、抗ガン剤を投与されることなく、健康食品を飲むだけでガンが治せるならと望まれることでしょう。

しかし、3大療法にも計り知れないメリットがあり、これを頭から否定してしまうのは極めて危険なことです。

視野を狭めることなく、自分にとってどの療法が最適なのか、あるいはどの健康食品が最良なのかを総合的に判断し、ガンを治療していくという姿勢が一番なのではないでしょうか。

-癌と生活習慣・治療