癌と生活習慣・治療

癌(がん)の現状、発症の原因、症状、と予防のまとめ

pic_g127_r

年々増加する癌(がん)死亡者数

私たちは生まれてから死ぬまでの間、様々な病気にかかる可能性にさらされています。

しかし現在、ガン(悪性腫瘍)ほど私たちにとって身近で、かつ恐怖感をもたらす病気はありません。

ガンは1981年以降20数年間、日本人の死亡原因の第1位となっています。

日本国内では年間およそ30万人がガンで命を落としていますが、今もその数は年間一万人のペースで増加しています。

日本人の年間死亡者数は約百万人なので、日本人のおよそ3人に1人以上がガンにより命を失っている計算になります。

さらに、ガッを発病する人の割合は日本人の2人に1人という統計もあり、もはやガンは私たちにとって「いつなってもおかしくない病気」と言えます。

世界的に見るとガンは、「感染症および寄生虫疾患」「心臓・脳血管疾患」に続き、世界の主要死亡原因の第3位です。

日本やアメリカなどの先進国だけを見ると、衛生環境や医療の向上により感染症、および寄生虫疾患はほとんど見られず、代わりに心臓・脳血管疾患やガンなど、生活習慣が密接に関連している病気が急激に増加しています。

それほどまでに身近な病気となったガンですが、現在でもなお人々から「不治の病」として恐れられています。

「癌(がん)= 余命告知・死」のイメージと病気そのものの苦痛、また抗ガン剤などの治療に伴う脱毛・猛烈な吐き気などの症状が、ガンに対する恐怖感を増幅させているのでしょう。

ガン告知のショックから自殺してしまう人もいるくらいです。

病名を本人に告知するかどうかでこれほどまでに物議をかもした病気は、他にありません。

なぜ人は癌(がん)になるのか

どうして人間は、癌(がん)という病気にかかってしまうのでしょうか。

まずガンとは一言で言うと、「細胞が異常に増殖して周囲の組織を侵していく病気」です。

ガン細胞が無制限に増えていくことにより、健康な組織や器官に障害をもたらします。

そのまま放置すると、生命を奪うまでに増殖してしまいます。

このにっくきガンという病は、近年の分子生物学の研究により、「遺伝子の病気」だということが分かってきました。

私たちの体の中では、常に細胞が分裂・増殖を繰り返していますが、あるとき突然遺伝子に何らかの異常が発生することにより、正常であるはずの細胞がガン細胞に変化するのです。

つまり、ガン細胞は遺伝子に異常をきたした細胞なので、本来のルールを無視して無秩序に分裂し、体内で増殖していきます。

しかし、体内にガン細胞がひとつでも発生したからといって、すぐに増殖してガンになるわけではありません。

遺伝子には、ガンの発生にかかわっている「ガン遺伝子」と、その増殖を防いでくれる「ガン抑制遺伝子」があり、たとえガン細胞が発生しても、普通はブレーキ役であるガン抑制遺伝子が、ガン細胞の分裂を阻止してくれているのです。

しかし、ガン遺伝子とガン抑制遺伝子の異常が重なりあった場合、ガン細胞は増殖し、人はガンになってしまうのです。

ガン細胞の増殖スピードは最初はゆっくりで、ある一定の大きさ(約3センチ)を超えると、急に速くなるのが特徴です。

それ以降は勝手気ままにどんどん増えて、周りの組織をじわじわと破壊していきます。

そして体中に流れるリンパ液や血液の流れに乗って、別の組織に移動し、発育します。

このことを「転移」と呼びます。

転移はガン特有の、そして非常に厄介な特色のひとつです。

最初に発生した場所(原発部位)のガンよりも、転移によって発生したガンの方が治しにくく、手術も困難を極めます。

癌(がん)治療をするにあたって、非常に苦しい思いをしてまで再発と転移を抑えようとするのはそのためです。

さきほど「癌(がん)は遺伝子の病気」だと述べました。

しかし注意していただきたいのは、ガンは遺伝病ではないということです。ガン細胞やガン遺伝子が親から子へ遺伝するというわけではありません。

よく「父親が胃ガンなのですが、私も胃ガンになるのでしょうか」と悩む人がいますが、ガンが多い家系だからといって、その人も必ずガンになるというわけではないのです。

しかし、ガンは生活習慣病とも言われているので、ガンになりやすい生活環境で共に過ごすことによって、ガンになりやすい家族と、そうでない家族との差が出てくるのではないかと言われています。

遺伝子が突然変異を起こしてガン化する原因は、その80パーセントが私たちを取り巻く生活環境、すなわち日常の食生活やタバコ、車の排気ガスや煙、紫外線などにあると言われています。

それほど神経質になることはありませんが、ご自身の送ってきた生活習慣をよく見直し、改善を図る必要があります。

いま、癌(がん)を防ぐために大切なこと

では、どんな生活要因がガン発生に大きく関係するのでしょうか。

ガン研究の権威として知られるイギリスのリチャード・ドール博士は、「発ガン因子の35パーセントは食物、30パーセントはタバコによるものである」という調査結果を発表しました。

正しい食習慣を身につけ、タバコを控えることで、ガンは未然に防げることが科学的にも立証されています。

また、ガンにかかってしまった後も、治療後にちゃんとした食生活を送り栄養をとることが、再発防止につながることも分かっています。

ガンを具体的に防ぐためには、どのような生活を送ればよいでしょうか。その参考となるのが、国立がんセンターが提唱している「がんを防ぐための12力条」です。

1 バランスのとれた栄養をとる
たんぱく質や炭水化物、ビタミンを毎日適量ずつ、偏らないように摂取することが大切です。特に乳ガンや大腸ガン、子宮内膜ガンなどは、脂肪のとりすぎによってリスクが高まることが分かっています。

2 毎日、変化のある食生活にする
同じ食品ばかりを毎日食べていると、栄養のバランスが崩れてしまいます。また、その食品に発ガン物質が含まれていた場合、ガン発生率も高くなることが指摘されています。いろいろな種類のものをバランスよくとることが大切です。

3 食べすぎを避け、脂肪は控えめに
日本人は近年、欧米並みの高カロリーな食生活になったことで、乳ガンや大腸ガンが増加したといわれています。腹八分目を心がけ、脂肪のとりすぎには十分注意しましょう。

4 お酒はほどほどに
お酒を飲みすぎると、体内で粘膜が傷つけられて口腔ガン、咽頭ガン、食道ガンが多くなることが指摘されています。また、肝臓ガンや騨臓ガンのリスクが高くなることは言うまでもありません。

5 タバコは吸わないように
1日25木以上タバコを吸う人は、吸わない人に比べて咽頭ガンが90倍以上、肺ガンが7倍の死亡率になります。また、副流煙による周囲への害も深刻です。

6 適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
普段の食生活に、緑黄色野菜を積極的に取り入れるようにしましょう。特にビタミンA・C・Eは抗ガン作用があると言われています。

7 塩辛いものは少なめに、熱いものは冷ましてから
過度の塩分摂取により、胃ガンのリスクが増すことが指摘されています。また、熱いものを食べることにより食道の粘膜が傷つけられて食道ガンが増えるという報告もあるので、熱いものは冷ましてから食べましょう。

8 焦げた部分は避ける
魚や肉の焦げた部分には、発ガン物質があることが明らかになっています。焦げた部分は食べないように注意しましょう。

9 かびの生えたものに注意
醤油や米、ナッツ類やとうもろこしに付着するかびには、強い発ガン性があると認められています。ちなみに、チーズなど意図的にかびが生えている食品には発ガン性の心配はありません。

10 日光に当たりすぎない
紫外線は皮膚にダメージを与え、皮膚ガンのリスクを増します。過敏になる必要はありませんが、皮膚を焼きすぎることは控えましょう。

11 適度にスポーツをする
疲労とストレスは、ガンを誘発しやすい体内環境を作ってしまいます。体を動かし、リフレッシュする時間をもちましょう。

12 体を清潔に
体を清潔に保つことで、皮膚ガンや陰茎ガン、子宮頚ガンを防ぐことができます。
毎日シャワーを浴びるなどして、清潔さを心がけましょう。

これらの12ヵ条のうち、8つが食生活に関連したものです。

癌(がん)予防のためには、食習慣がいかに大事かということがよく分かります。

また、ガンは40歳以降、特に50~60代で最も多くなる病気です。

40歳以上の人は、1年に1度は必ず定期健診を受けるようにしましょう。

特に、不正出血や咳、血痰、体重の減少など、「なにかおかしい」と思うような自覚症状がある場合は、特に要注意です。

もちろん、これらの症状が起こったからといって、すぐにガンだというわけではありませんが、症状がよくならない場合やひどくなる時には、必ず医師に相談してください。

少しでも体調に疑問を持ったら、すぐに医師の診察を受けること。「自分の体は自分で守る」、これはガンの予防と早期発見の鉄則です。

近年、癌(がん)の治療成績は飛躍的に上昇しています。

5年生存率でみると、進行ガンも含めて55%は治ります。

また、早期発見ならばほぼ100パーセント治すことができます。

癌(がん)はいまや不治の病ではなく、「防げる病気」「治せる病気」です。

定期的に検診を受け、食生活や生活習慣を正すことにより、確実に予防でき、進行ガンでも治癒できるのです。

そのためには、少しでも正しい知識を身につけておきましょう。

-癌と生活習慣・治療