メシマコブ

メシマコブは免疫力をパワーアップする効果がある

am500_pe032_r

病院で受けるガンの治療法

現在行われているガンの治療法は大きく次の三つに分けられます。

腫瘍の大きさ、部位、正常細胞に与える影響などを考慮し、このうちのどの治療法を取るかは医師の判断によって決定されます。

もちろん患者と治療計画を相談しながら行うのが理想ですが、場合によっては患者に告知しない治療機関もありますので、家族なども含めた患者サイドとの話し合いの上治療を進めると言ったほうが現実的かもしれません。

いずれの療法も患者に苦痛がともなうことが多いために、インフォームド・コンセントが大事なことは言うまでもありません。

外科療法

ガンを直接取り除くということからすれば、一番確実な方法です。

これでガン細胞がすべて取り除かれれば、早期ガンだったということでめでたしということになりますが、進行ガンの場合は、他の臓器に転移していることが多く、いきおい広い範囲の組織まで摘出することになりやすいものです。

転移の場合はリンパ液を通して他臓器にガン細胞が根を降ろす可能性があるため、原発巣の周辺にあるリンパ節を転移の有無が分からなくても、根こそぎ切除するリンパ節郭清か行われることが多くあります。

臓器転移の予防に効果的になるからといろいろな臓器ガンで広く行われていますが、手術後の患者の負担や消耗が激しいこと、またリンパ郭清か必ずしも有効な効果を上げていないことなどから、最近では、むしろこうした広い範囲の摘出を避け、腫瘍部分のみの摘出へと縮小する傾向が見られます。

日本はかつて外科手術の向上と相まって、手術偏重の傾向がありましたが、欧米では早くから臓器をできるだけ温存しようと放射線療法や化学療法が多く使われてきました。

日本も今後はそうした温存療法に重点が置かれるようになっていくと思われます。

これまでは切開手術が主でしたが、医療器具の開発も盛んに行われてきたために、開腹によらない手術もできるようになりました。

内視鏡的治療、腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術などがそれです。

内視鏡的治療は胃、食道、大腸、肺などの早期ガンに用いられる治療で、内視鏡を口または肛門から挿入して患部まで到達させ、内視鏡からの映像をモニターで見ながら、内視鏡からレーザーを発射してガン細胞を焼き切るという治療法です。

これなら開腹や開胸による患者の負担はなく、治療期間もずいぶん短縮されます。

化学療法

薬物を使った療法で、主として抗ガン剤療法です。

抗ガン剤にはアドリアマイシン、シクロフォスファミド、メトトレキサート、5-FU、シスプラチン、ビンクリスチンなどが使われます。

これらの薬剤はガン細胞を死滅させる作用を持つ薬剤ですが、手術や放射線療法の前後に投与され、補助療法として多く用いられます。

投与方法は静脈注射、点滴が大部分ですが、経口として飲み薬もあります。

この療法で患者さんが一番心配するのは副作用の問題です。

なぜ副作用が起きるかは次のような理由によります。

抗ガン剤はガン細胞を直接攻撃して破壊することを目的にっくられたものですが、ガン細胞だけでなく正常な細胞も同時に傷つけてしまいます。

とくに小腸、皮膚、毛根など新陳代謝が盛んな細胞は抗ガン剤の影響を集中して受けやすく、悪心、発熱、脱毛、吐き気、食欲不振、下痢など重篤な症状を残したり、時には死に至るケースがないわけではありません。

このため、多剤併用療法といって数種類の抗ガン剤を使って治療する方法が一般的になっています。

これは一種類の抗ガン剤では偏った副作用が強く出やすいため、いろいろな作用を待った薬剤を少量ずつ混合し副作用を分散させる一方、ガン細胞に対してはそれぞれの薬剤の効用が合わさって死滅させる効果を倍化させる効果を狙ったものです。

今ではこの多剤併用療法が標準的な方法になっていますが、一番の問題は、この化学療法がどの程度効果を上げているかが分からないことで、慶応大学の近藤誠医師などは、多くの著書で述べているようにすべてのガンの九割に効果がないと断言。

むしろ副作用などで患者の体力を消耗させることのほうが重大な問題だと指摘しています。

白血病などで大量の抗ガン剤を使用した場合、骨髄細胞がゼロになる可能性があるため、骨髄細胞を移植して造血能力を回復しないと感染症にかかりやすくなります。

数年前に世間を騒がせた茨城県・東海村の臨界事故犠牲者の治療に、この骨髄移植が用いられたことは記憶に新しいと思います。

抗ガン剤治療はこのように危険性も高いものがあるのです。

このほかホルモン療法も化学療法の一つとして用いられます。

とくに女性ホルモン、男性ホルモンの影響を受けて増殖するガン細胞に対しては、これらの分泌を弱めれば、増殖を抑えて回復や延命の可能性があります。

乳ガンは女性ホルモン、前立腺ガンは男性ホルモンの分泌を抑えるホルモン療法が効果的だとされています。

放射線療法

ガン細胞に放射線を照射する治療法で、これはガン細胞が放射線に弱いという性質から考え出された治療法です。

手術や化学療法などと併用されて用いられることが多く、まだ補助的治療ということができます。

患部に当てるのが放射線ですから、周辺の正常細胞やあるいは多臓器に大量照射すれば被曝という別の問題が生じてきます。

実際、かつては照準を当てる精度が低く、広い範囲で強い放射線被曝になってしまった例もあるようです。

現在では定位的照射の精度がよくなり、直線加速器やガンマナイフなどによって脳腫瘍など一皿の誤差も許されない患部にも照射が可能になっています。

期待される免疫療法

現代医療がガン治療に用いるのは大きく言ってこの3つの治療に限られています。

今後の傾向としては、これまでの手術をして可能な限り臓器や組織を切除してしまう治療から、なるべく臓器を温存する傾向が強まっています。

ただ、哀しいかなガン治療にこれといった決定的な有効治療法が発見されていないため、各病院の医師たちの判断によって同じ症状でも違ったまちまちの治療法が施されているのが実情です。

このためセカンドーオピニオンの重要性も言われるようになりました。

1か所の病院だけの判断でなく、別の医師や病院の判断も仰いで最終的には自分で治療法も決めたほうが後悔しなくていいというのです。

このこと自体は聞かれた医療に進む可能性が大きく、とてもいいことだと思います。

しかし、裏を返せばどの治療を選択するかが自分の命に直接関わるため、責任という面からも医師1人では決めかねない、それだけ結果が分からないものだというようにも見えてしまいます。

あまり、医療不信をあおぎたててはいけませんが、私たちは3大治療法しか選択肢がないように思い込んでいる節があります。

しかし、ガン以外にもアトピーや膠原病、糖尿病など現代病は従来の西洋医学の手法とは違った、自分たちの体は自分たちで治す、免疫療法が今後注目されていくだろうと思われます。

これまでの西洋医学の基本は外部から進入してきた細菌や病原体との戦いでした。

この病原体に対する治療の手法はほぽ完成の域に達しているようにも見えます。

これからの病気の多くは人間自身の治癒力の低下、免疫力の低下が原因となります。

したがって医療もこうした原因を改善することを基本にしたものにシフトしていかなければならないでしょう。

別な言葉で言えば、生活習慣によって変質した人間本来の体質をどう改善していくかという手法が求められており、その延長にガン治療の本質もあるように思います。

その意味でガンは治療不可能な病気ではなく、これまでの医療法から視点を変えることによって、大きく前進できるのではないかという期待は大いにあります。

メシマコブと体の免疫システム

免疫力は現代社会が生み出すストレスなどには非常に弱いという研究結果が出されています。

たとえばHK細胞はストレスを受けると、極端に能力が低下すると言われます。

また食生活や環境の変化は活性酸素が発生しやすく、現代人の肉体は老化現象が早まっているというデータもあります。

活性酸素は免疫細胞も攻撃しますから、活性酸素の暴れやすい生活を続けていますと、細胞核内の遺伝子を傷つける確率が高まりガン遺伝子の変異も数が増えてきます。

ガン患者数が増加しているというのは、別の言葉に置き換えると、日本人全体が老化のスピードを上げているということになるのかもしれません。

その意味からも、免疫システムの向上を図り、ガンと闘う気概を新たにしなければなりません。

メシマコブの成分がマクロファージやNK細胞、T細胞などを活性化しガン細胞を破壊する過程がよく分かります。

メシマコブがどのように免疫力活性に寄与するのか、もう一度おさらいしてみたいと思います。

メシマコブの免疫システムに及ぼす効果は次のようなものが確認されています。

・マクロファージ活性が5倍強に増強
・抗体反応が129倍に増強
・NK細胞が2~3倍に増強

これらはいずれもマウスを使った研究ですが、このほかにもTリンパ球形性能が3.3倍に増強とか、ガン患者に対しての実際の臨床試験でもヘルパーT細胞能の向上がいくつかの大学や研究機関から報告されています。

この作用機序の根本をなすものはタンパク多糖体で、飲用すると腸管内に達しパイエル板を刺激してマクロファージの活性を高めます。

さらにα‐グルカン、β‐グルカンは補体C3を刺激することで、免疫システムの覚醒ボタンを押し、複雑なサイトカインの流れを次々に覚醒させ、免疫システム全体の活性化を促します。

高分子と吸収率の問題

キノコ類やキトサンなどに合まれる生理活性物質のほとんどは、構成する分子が多く整然と組み合わさっているため、なかなか水に溶けない、つまり分解しにくいという問題を抱えています。

通常、健康食品などを商品化する製造工程では、この高分子の有効成分をどうやって抽出するかということに各社とも頭を悩ましているのが現状です。

とくにキノコ類の有効成分として有名なβ‐グルカンは細胞壁の内側に存在していて、免疫活性を向上させることで同様の目的を果たしていることは前に紹介した通りです。

メシマコブの場合も原体を超音波粉砕し、独自の酵素処理で分子を切り離し、さらにアルコール抽出を経て熱水抽出を重ね、β‐グルカン含有量を25パーセントも高めている製品があります。

この際、酵素で切断されたβ‐グルカンはたくさんの切断面を持ちます。

切断面が多ければ、それだけ受容体と結合する手を多く持つということになるわけですから、生理活性が高められるということにもなり、同じメシマコブを原料とした製品であっても、効果には差が出てきます。

ただ単に商品の成分内容をラペルで見るだけでなく、実際に商品に含まれる成分含有量を確認してから購入することも必要なことです。

このように考えていくと、栄養吸収と免疫活性は違った観点から考えたほうがいいということが言えます。

今まで、吸収のことばかりを考えてきたきらいがありましたが、メシマコブの臨床的な実験を見てみましても、経口投与と注射投与の比較をしてもガンの増殖阻止率にさほど差がないということが確認されています。

そうしますと、メシマコブと他のキノコとの効果の違いは、成分のトータルバランスの違いということになり、その成分がどれだけ抽出エキスに取り出せるかということが、製品としての価値を決めることになると思います。

メシマコブ


メシマコブ

-メシマコブ