フコイダン

フコイダンは癌(がん)と戦う体を作る

am500_fa040_r

体内の平和を保つ免疫システム

私たちの体には、体内に病原菌やウイルスなどの異物が入ってきても病気にならないようにする「免疫」という仕組みが備わっています。

免疫とは、体内に侵入した異物を攻撃する防御機能のことを言います。

例えば風邪のウイルスが侵入しても、免疫力によってこれを排除することができます。

体が弱っているときに風邪を引きやすいのは、免疫力が低下して、ウイルスをやっつける機能が低下しているからです。

人間に備わっている免疫力は、主に血液中にある白血球によるものです。

ここで簡単に、人間の血液の成分について押さえておきましょう。

血液には血球(血液細胞)が含まれており、すべての血球は、骨の内部にある骨髄という部分から作られます。

血球には三種類あり、赤血球・血小板・白血球が、それぞれの役割を担っています。

赤血球は血液成分の大部分を占めており、全身に酸素を運ぶ役割を果たします。

血小板は、血液を凝固させて止血する働きがあります。

そして白血球は、人間が免疫力を保つ上でとても大事な存在です。

白血球にはいろいろな種類があり、穎粒球と無穎粒球に分けられます。

穎粒球は細胞に穎粒(つぶつぶ)を含んだ白血球のことで、好中球・好酸球・好塩基球に分けられます。

それぞれが活性酸素やヒスタミンを放出して、異物を攻撃する働きがあります。

それに対して無穎粒球は、名前の通り穎粒を含まない白血球のことです。

無穎粒球は、単球とリンパ球の2種類に分けられます。

単球は成長して「マクロファージ」という細胞になり、体の中に入り込んだ異物を食べたり、ウイルスなどに感染した細胞を飲み込んで分解してくれます。

このマクロファ犬ンは、異物を食べるだけではなく、死んだ細胞の残骸などを食べて処理する特性があるので、別名「食細胞」とも言われています。

免疫システムにとって、マクロファージはとても大事な役割を果たしています。

敵が侵入したら真っ先に駆けつけて敵を食べるとともに、他の免疫細胞に敵の侵入を知らせてくれるのです。

もしもマクロファージがいなかったら、他の免疫細胞には敵の侵入が知らされず、免疫機能が働かなくなってしまいます。

マクロファージの働きが活発なほど、免疫システムが活性化していることになります。

免疫細胞の中でも重要なリンパ球の働き

もう一つの無穎粒球であるリンパ球は、「B細胞」と「T細胞」、そして「ナチュラルキラー(NK)細胞」の三種類があります。

これらは、ガンをやっつける上でとても大切な役割を果たしています。

この3つのリンパ球の役割を詳しく説明しましょう。

B細胞

B細胞は、人間の体に有害な抗原(異種のたんぱく質や多糖類・毒素・微生物)を発見すると、抗体(その抗原に対してのみ反応するたんぱく質)を作って抗原に立ち向かいます。
抗原に抗体が結合すると、抗原が正常細胞に取り付くことができなくなったり、細胞の中に入れなくなったりします。
またB細胞は、敵の姿を覚えておき、次に侵入してきたときのために備えておくメモリー機能も果たします。
おたふく風邪やはしかにかかった人が再び同じ病気にかからないのは、B細胞の持つメモリー機能のおかげなのです。

T細胞

体の中に入った異物や異形の細胞を正しく認識して、狙いを定めて殺すことができる細胞です。
T細胞は、その役目によってそれぞれ「キラーT細胞」と「ヘルパーT細胞」、そして「サプレッサーT細胞」に分けられます。
キラーT細胞は、ウイルスに感染した細胞を破壊します。
ヘルパーT細胞は、マクロファージから敵の侵入をキャッチすると、司令塔としてキラーT細胞などに向けて「インターロイキン」という物質を放出させ、各免疫システムの細胞を活性化させます。
インターロイキンを受け取った細胞はそれぞれ、ウイルスを攻撃したり抗体を作ったりして、敵に対処します。
サプレッサーT細胞は、活性化しすぎた免疫システムの働きにブレーキをかける役割があります。
異物が排除されたら、速やかに攻撃を中止させるためです。

ナチュラルキラー(NK)細胞

名前の通り、敵を発見し次第殺す細胞です。
他からの命令がなくても、単独で異物に攻撃を仕掛けます。
マクロファージがまず敵の侵入を知らせて、それをキャッチしたヘルパーT細胞が他の細胞に指示を出し、それぞれの細胞が活動するという連携プレーによって、人間の体の免疫機能は成り立っています。

癌(がん)細胞を攻撃する免疫システムの働き

ガンの治療が難しいのは、癌(がん)細胞が元は体内から生まれた異形の細胞なので、正常細胞とガン細胞を区別することが困難であることが主な理由です。

抗ガン剤が、ガンだけを叩かず正常細胞まで攻撃してしまうのは、正常細胞との識別ができないからです。

しかしガン細胞には、正常細胞にはない特別なたんぱく質(抗原)があるので、それを識別できればガン細胞のみの攻撃が可能になります。

しかし、まだ現在の標準治療ではそこまでの治療法は行われていません。

それに対して体内の免疫システムは、外部からの異物ではないガン細胞も敵として認識することができます。

前述したように、人間の体内には1日数千個単位で絶えずガン細胞の元になる異形の細胞が生まれていますが、免疫システムの働きによりその増殖を抑制されています。

主に免疫システムは、次の三つの攻撃を仕掛けて効果的にガン細胞を撃退することが分かっています。

・マクロファージがガン細胞を食べて分解する
・ナチュラルキラー(NK)細胞がガン細胞を攻撃する
・キラーT細胞が「パーフォリン」というたんぱく質を発射してガン細胞の膜に穴を開け、ガン細胞を殺す

ある実験によると、癌(がん)を発病した人でも免疫システムは機能していて、原発部位を離れて血液中を漂っているガン細胞のうち、ほとんどが免疫細胞によって駆逐されることが分かっています。

つまり、免疫力をアップすればガンの発病を抑えることができ、また、できてしまったガンも殺すことができるということになります。

免疫力を下げる様々な原因

これほど大事な免疫力ですが、現代社会の人間は、免疫力を下げる様々な要因に囲まれています。

・加齢
・ストレス
・運動不足
・慢性疲労
・排気ガス、たばこなどの化学物質
・食生活の乱れ
・生活リズムの乱れ
・活性酸素の大量発生

こうした要因の積み重ねにより、風邪を引きやすくなったり、傷の治りが遅くなったりするのです。

しいては、生活習慣病やガンといった非常に厄介な病気にかかってしまうことになります。

よって、常に免疫システムを活性化して免疫力を高め、疲労やストレスを溜め込まない生活をすることが重要になります。

フコイダンが免疫機能を活性化させる

そこで免疫カアップの強い味方となるのがフコイダンです。

フコイダンを摂取すると、癌(がん)を殺す免疫力が増強されることが研究により明らかになっています。

まずフコイダンが体内に入ると、マクロファージは糖同士の結びつきが強い大きな多糖体のフコイダンを、有害な敵だと勘違いしてしまいます。

そして、各免疫細胞に敵の襲来を告げる警告を出します。

フコイダンの登場によって、全身のリンパ球は活発になります。

マウスを使ったある動物実験では、ヘルペスウイルスとインフルエンザウイルスをマウスに感染させてからフコイダンを1日2回、1週間から3週間にかけて投与すると、ウイルスに対する中和抗体値が大幅に増強されることが分かりました。

同時に、ウイルス増殖を抑制する効果があることも確認されました。

つまりフコイダンには、前章で紹介したようなガンを自滅させるアポトーシス作用だけではなく、免疫力をアップさせる働きもあるのです。

ガン患者は、ただでさえ免疫力の低下でガンになったというのに、抗ガン剤などの標準治療によってさらに免疫力の低下に追い討ちをかけられてしまいます。

それに比べ、フコイダンの摂取はガンをやっつけると同時に免疫力まで高めてくれるのです。

ガン患者にとってどちらの治療法が賢明かは、もはや明白でしょう。

フコイダン


フコイダン

-フコイダン