フコイダン

フコイダンは癌(がん)細胞の増殖を防ぐ

am100_fa011_r

ガン細胞は放っておくと浸潤・転移する

ガンの特徴としてまず挙げられるのは、最初にできた場所(原発部位)から周囲に向かって連続的に広がっていくことです。これを浸潤と呼びます。

通常、正常細胞が分裂する際には、それぞれの細胞を構成している組織や臓器の範囲を越えないように体内でコントロールされていますが、ガン細胞はそんなことはお構いなしに、どんどん敷居を越えて分裂・増殖していきます。

そして、癌(がん)の一番恐ろしいところは、転移を繰り返すことです。

ガン細胞は、周囲の組織や臓器を破壊しながら進んでいくと、次にリンパ管や血管を攻撃します。

リンパ管や血管は全身に行き渡っているパイプなので、ここにガン細胞が流れ込むと、他の臓器や組織にガン細胞が移動してしまいます。

例えば胃ガンの場合、胃ガンが進行すると浸潤して胃の血管が破られ、ガン細胞が流れ込みます。

腹部の血管は全て静脈を通って肝臓の中に入るため、今度は肝臓に転移を起こしてしまいます。

胃ガンに肝転移が多いのはこのためです。

このようにガンは血液の流れによって転移を起こすので、肺ガンから脳転移を起こしたり、腎ガンから肺転移を起こしたりと、遠く離れた臓器にも続々と飛び火してしまいます。

また、更に恐ろしいことに、ガン細胞は転移した先でもどんどん増殖していくのです。

ちなみに、癌(がん)細胞が直径1ミリの大きさに増殖するには、個人差はありますがおよそ2、3年掛かるとされています。

自ら血管を作り栄養を奪う癌(がん)細胞

さて、これまでの章で、ガン細胞は周囲の正常細胞から栄養を奪うことによってどんどん成長すると述べました。

ガンがたくさん栄養を欲するのは、ガン細胞の分裂に多大な栄養とエネルギーを要するためです。

そのため、患者はガン細胞に栄養を吸い取られ、顔色が悪くなり痩せ細ってしまいます。

それでは、ガン細胞は具体的にはどうやって周囲から栄養を奪い、自らに取り入れていくのでしょうか。

ガン細胞は先ほど述べたように、分裂を繰り返しながら2、3年ほどで直径約1ミリ程度になります。

そしてニミリを越えるころになると、今度は周辺にある毛細血管を引っ張り込みます。

ガン細胞は、毛細血管を媒介として周囲の正常細胞の栄養を奪い成長し、増殖していくのです。

これをガン細胞の「血管新生」と呼びます。

ガン細胞に取り込まれた血管は、癌(がん)細胞が増殖するに従ってガン細胞の周囲に広がっていきます。

そして栄養補給路を得たガン細胞は、周囲の正常細胞を侵していきます。まさにガンとは、人体に巣くうエイリアンのような恐るべき存在なのです。

血管抑制を阻めば癌(がん)の増殖は防げる

このようにガン細胞は、血管新生によって増殖していきます。

そもそも細胞の血管新生機能とは、妊娠時の、しかも初期の段階で見られる現象に過ぎません。

しかしガン細胞の場合、どういうわけか血管新生の遺伝子が復活して、自身の成長に利用しているのです。

そして、ガン細胞で構成された腫瘍の内部に栄養を取り込み、無限に増殖していきます。

逆に言うと、血管新生を妨げさえすればガンの成長は防げることになります。

ガンは周囲から栄養を取り入れなければ、巨大化せずに留まることが分かっているからです。

つまり理論的には、血管新生を抑制すれば、ガン細胞は血管新生が行われる大きさだと言われているニミリ以上に増殖することはありません。

この現象を利用して、抗ガン剤のようにガン細胞を直接叩く治療法の他に、ガンの栄養補給路である新生血管を絶って兵糧攻めにする手段が新たに考えられています。

現在、血管新生を抑制する治療法の開発が、急ピッチで進められています。

フコイダンがガンの成長を妨げる

これまで、フコイダンのガン細胞に対する様々な作用を見てきました。

まず1つがガン細胞に自滅を促す「アポトーシス」効果。

そして、体内の免疫力を活性化させてガン細胞を殺す治癒力を強化する「免疫力増強」効果。

そしてもう1つの効果が、ガン細胞が新たに血管を作ることを妨げる「血管新生抑制」効果です。

フコイダン比は、ガン細胞の血管新生を抑制する作用があることが、研究によって明らかになりつつあります。

ガン細胞は、血管新生をした時点から一気に増殖ペースが上がるのが特徴ですが、ガン細胞にフコイダンを投与して経過を見ると、増殖ペースに急激な変化は見られません。

フコイダンは、ガン細胞の血管新生を阻害し、ガンの成長や転移を抑制しているのです。

もう一度おさらいしましょう。

フコイダンは次の3点でガンを攻撃します。
・ガン細胞を自殺に導くアポトーシス効果
・体内の免疫システムを刺激して免疫力を高める効果
・ガン細胞の増殖・転移を防ぐ血管新生抑制効果

これら3つの相乗効果で、フコイダンは効果的にガン細胞をやっつけることができるのです。

フコイダン


フコイダン

-フコイダン