フコイダン

フコイダンでの代替療法の癌(ガン)に対する効果・効能

pic_g129_r

患者に多大な負担を強いる従来のガン治療法

いまや日本人の2人に1人がガンになる現代社会。

ガン予防に取り組むことももちろん大切ですが、いざガンになった時にいかに良い治療を受け、ガンの進行を食い止めるかが第一の課題になってきました。

第一章で述べたように、ガンになるとガン細胞が体内でどんどん増殖していき、次第に私たちの体をむしばみ、死に至ります。

なるべく早くガン細胞の成長を止め、外科手術で取り除くか体内で死滅させることが、ガン治療の重要なポイントとなります。

従来、一般の病院で行われるガンの治療法(これを「標準治療」と呼びます)には、外科手術、放射線療法、抗ガン剤などを用いる化学療法の三つがあります。

ガンは発生部位や大きさ、進行状況によってそれぞれ性質が異なるので、ガンの様子を伺いながら治療法を選択していく必要があります。

これらのガンの治療法は昔と比べてかなり進歩しましたが、いまだに道のりは険しいのも事実です。

ガン生存率は軒並み上昇していますが、副作用の強さを始めとする患者さんの心身両面での負担の大きさは、現在も変わりありません。

吐き気、食欲不振、脱毛、倦怠感、下痢など、様々な全身の苦しみが患者を襲います。

しかも、長期間副作用に苦しむだけで、ガンが縮小せず結局何の効果も得られないという状況もざらにあるのが現実なのです。

従来のガン治療法は問題だらけ

それでは、現在広く行われている標準治療の方法と効果、そして副作用は具体的にどのようなものでしょうか。

まず外科手術は、皆さんご存知のように、ガンができた患部を切除して治療する方法です。

手術が可能な場合は、もちろん手術が第一選択となります。

しかし、ガンの手術ができる状況は限られており、ガンが進行するにつれて手術は難しくなります。

発見した段階で既に手術が不可能だったというケースも多々あります。

また、ガンの早期であっても転移を起こしていれば、手術の対象にはならないケースもあります。

もちろん、手術ができる状況でも、手術をすることによって身体機能の低下を招くなどして患者さんの心身ともにダメージを与え、予後が悪くなる場合があることも確かです。

また、手術で患部を切除できたとしても、体内にガン細胞が残っている場合は1~2年で再発する可能性が非常に高く、安心できません。

現代医学ではガン手術が最良の選択ですが、手術をしても100パーセント安心できないという厳しい現実があります。

また、放射線療法は、患部に放射線を照射して、ガン細胞のDNAに変化を与えて殺す方法です。

手術と併用したり、もう手術ができない状態のガンに施されます。

この療法は、放射線を人体に照射すると細胞の中にあるDNAを切断する効果を利用したもので、患部に照射することでガン細胞を殺すことができますが、ガン細胞の周囲にある正常細胞にまで影響を与えてしまいます。

このことにより、患部の粘膜や皮膚がただれたり、血管がもろくなるなどの副作用が引き起こされてしまいます。

これらの外科手術と放射線療法は、ガンの患部に直接アプローチするので「局所療法」と呼ばれます。

それに対して抗ガン剤などの化学治療は、原発部位と、原発部位を離れて全身に散らばってしまったガンにも効く「全身療法」です。抗ガン剤を服用、もしくは注射・点滴により体内に取り入れることで、ガン細胞を幅広く攻撃します。

しかし、放射線療法と同じく抗ガン剤も、ガン細胞のみならず正常細胞まで攻撃してしまいます。

抗ガン剤は主に細胞の分裂サイクルに合わせて作用するので、細胞分裂の活発なガン細胞以外に、ガン細胞のように分裂の早い毛根細胞や骨髄細胞などの正常細胞までも攻撃してしまうのです。

脱毛症状や吐き気、食欲不振、下痢など、様々な副作用が起こるのはこのせいです。

抗ガン剤が更に厄介なのは、全身療法であるが故に、副作用も血液の流れに乗って全身に及んでしまうことです。

しかも、抗ガン剤が実際に効く割合(奏功率)は、たったの2~3割程度しかありません。

患者がどんなに苦しい思いをしても、その人が持つガンに効くかどうかは、実際に抗ガン剤を投与してみないと分からないというありさまです。

そこで注目されているのが、標準治療に代わるものとして期待されている「代替療法」です。

今、最も注目されている代替療法

代替療法とは、直接ガン細胞を攻撃するのではなく、体の免疫力を高めて自然治癒力を強化し、ガン細胞をやっつける治療法のことです。

従来の標準治療に付きまとう苦しい副作用がなく、患者のQOLを高められるという点で、非常に評価されています。
現代のガンの標準治療は、西洋医学の伝統に基づいています。

現代医学は、アメリカを含めた西洋の医学が中心となり発展してきました。

致死率が高いとされた天然痘やペスト、コレラ、結核といった伝染性の疾患が20世紀後半にはほとんどなくなったのは、西洋医学のおかげだと言えるでしょう。

しかし21世紀を迎え、人類は新たな敵と向き合っています。

それが、ガンや心疾患、脳血管疾患や糖尿病、アトピーやアレルギーなど、生活習慣によって引き起こされる様々な現代病です。

ガンの標準治療を見てもお分かりの通り、現代医学の最先端でもこれらの病気は、完治させることが非常に難しい状態です。

西洋医学は確かに病原体を駆逐することができましたが、自らの体の機能低下が原因となる病気に対しては苦戦を強いられているのです。

特にガン治療に関しては、抗ガン剤や放射線治療などの標準治療を受けることで患者の免疫力を更に低下させて、回復を遅らせてしまいます。

よって、それまでの西洋医学ではなく、免疫力を強化して疾患に立ち向かう代替療法が注目されています。

心ある医者は、従来の治療法の弊害に気付き、代替療法との併用を患者に積極的に薦めています。

その代替治療の一つとして挙げられるのが、これから詳しく説明する免疫療法です。

免疫力を強化してガンに対抗する

人間の体内に備わった免疫力は、体内に侵入してきた病原体やガン細胞などを消滅させる大事な働きをしています。
いわば、「生きるために自分白身を守る仕組み」です。

免疫系の働きが極端に低くなると、重い感染症やガンにかかり、死に至ります。

例えばエイズ(後天性免疫不全症候群)は、HIVウイルスが原因によって起こる感染症ですが、体内でHIVウイルスが増殖すると免疫系を破壊し、どこにでも存在する非病原性の微生物などによって攻撃を受けてしまい、病気になります。

免疫療法は、文字通り体内の免疫力を高めて、病気に対抗させる療法です。

人間の免疫をつかさどるのは、主に血液中にある白血球です。白血球には、食細胞(マクロファージ)、NK(ナチュラルキラー)細胞、Tリンパ球(T細胞)などがあり、それぞれ重要な役割を与えられています。

この免疫系によってガン細胞を攻撃して、ガンを消滅させます。

海藻類に含まれるフコイダンは、白血球中のそれぞれの成分の動きを活発にし、副作用を生じることなくガン細胞に対抗できるだけの抵抗力を付けてくれるため、いま、免疫療法の分野で医学界からも非常に注目されています。

代替療法としてのフコイダン

フコイダンは、海藻類が持つヌルヌルした物質である水溶性食物繊維(粘質多糖類)の一種です。

このヌルヌル成分は、海藻独特のもの。

1913年にスウェーデンのウプサラ大学のキリン教授が、昆布の「ぬめり成分」の一つとして発見しました。

硫酸化フコースを主成分とする他糖体で、ガラクトース、マンノース、キシロース、ウロン酸などの成分が結合したものです。

フコイダンが日本で学術的に発表されたのは、1996年、第55回日本癌学会でのことでした。

農林水産省が支援している研究開発組織「糖鎖工学研究所」は、「コンブ由来フコイダン及びその酵素分解物により誘導されたヒト胃癌と結腸癌細胞株のアポトーシス」と題して研究発表をしました。

それは、昆布に含まれるフコイダンがガン細胞に働きかけてガン細胞を自殺させる「アポトーシス現象」を起こしたという、非常に画期的な発見でした。

しかもこの現象は、ガン細胞にのみ働き、正常細胞にはほとんど影響を与えないことが明らかになりました。

抗ガン剤などの標準治療で起こってしまう副作用が、フコイダンの場合は全く起こらないのです。

言うなれば、「副作用のない抗ガン剤」の成分が、海藻類から発見されたということになります。

現在、多数の研究者によってフコイダンについての実験や研究が進められています。

近年、フコイダンにはガン細胞の抑制効果のほか、次のような効果があることが明らかになってきました。

・抗腫瘍作用
・抗ウイルス・抗菌作用
・免疫賦活作用
・抗酸化作用
・抗アレルギー作用
・肝機能向上作用
・整腸作用
・抗ピロリ菌・抗潰瘍作用
・血糖上昇抑制作用
・血液凝固阻止作用

これらのように多くの機能性を併せ持つフコイダンは、今後の医療現場を担う存在として、大きな期待が寄せられています。

フコイダンがガンを消滅に導く

中国では昔から、海藻がガンの治療に用いられてきましたが、その効果の中心となった、のはフコイダンだということが最近解明されてきました。

ではフコイダンは、ガン細胞にどのような影響を与えるのでしょうか。

その前にまず、人間の体内にある細胞の仕組みについて簡単に説明しましょう。

人間の体内は、約六十兆もの細胞から構成されています。

細胞は新陳代謝によって、時間がたつと古くなり、死んで新しい細胞に入れ替わります。

大体、約半年たつと人間の体内にある細胞はすべて入れ替わると言われており、細胞にある遺伝子情報は、一定の時間がたつと自然に細胞が死ぬようにプログラムされています。

このように、細胞が自然に死んで消滅することを「アポトーシス」と言います。

アポトーシスとは「自殺」を意味しており、細胞自殺促進作用とも呼ばれます。

アポトーシスによって細胞は周囲に影響を与えることなく自然死していきます。

アポトーシス現象は、どの細胞や遺伝子にも組み込まれている、ごく一般的な現象です。

芋虫がちょうちょに変化したり、冬になると樹木の葉が落ちるのも、アポトーシス現象によるものです。

しかし、正常細胞が変異してできたガン細胞は、厄介なことにアポトーシスを起こしません。いわば不死身の増殖細胞なのです。

そして他の正常細胞から栄養を奪い、無限に増え続けてしまいます。

そこで効力を発揮するのがフコイダン。フコイダンは、ガン細胞だけにターゲットを絞り、ガンを「自殺」に導かせる効力を待った成分であり、これは本来ならば考えられない現象です。

このアポトーシス効果については、第四章で更に詳しく説明します。

フコイダンがガンの増殖を抑え、やっつける

フコイダンの作用はこれだけではありません。

先はども説明したように、フコイダンは白血球の成分に働きかけ、ガン細胞に対抗するだけの免疫力を高める効果があります。

また、フコイダンには「血管新生抑制作用」の効果があります。

これは、ガン細胞が新たに血管を作る機能を妨げる作用のことです。

なぜガン細胞が自ら血管を作るかというと、ガン細胞は血管を媒介にして、他の正常細胞から栄養を奪って増殖していくからです。

ガン細胞は自分か成長していくために、血管を周囲に張り巡らせて栄養を取り込んでいきます。

ガン患者にやせ細った人が多いのは、ガン細胞に栄養を奪われてしまうからです。

これに対してフコイダンは、ガン細胞に新しく血管を作らせないという特性があります。

そのため、ガン細胞は栄養を取り込めなくなり、結果的に死んで消滅することになります。

この現象は、第六章で詳しく説明します。

フコイダンのガンに対する効果で、今のところ解明されているものは以上の3つです。

この3つの相乗効果で、ガンに対して驚異的な威力を発揮することができるのです。

医学界が「新たなガンの代替医療の切り札」としてフコイダンを絶賛し、注目しているのも、必然と言えるでしょう。

フコイダンを豊富に含む食品素材

フコイダンは、「黒い色の海藻」、すなわち褐藻類と呼ばれる海藻のほとんどに含まれています。

特に次のような食品(部位)に多く含まれています。

・もずく
フトモズクと呼ばれる太いもずくは、もずくの中でも高アルカリ食品として知られています。フトモズクでは、沖縄産のオキナワモズクが有名です。

・わかめ
わかめのメカブ部分はヌルヌル度が高いことが特徴です。

・昆布
カゴメ昆布や根昆布にはフコイダンがたくさん。特に昆布のか根(ガニアシ)には、体に有効な2種類のフコイダンが入っています。

・ヒジキ
ヌルヌル成分は他の海藻よりも少ないですが、食物繊維とアルギン酸の含有量に優れています。

フコイダンは、食物から摂取することでも効力を実感できますが、最近ではより効果のある高濃度のフコイダン製品が登場しておりますので、ぜひご利用下さい。

フコイダン


フコイダン

-フコイダン